イタリアンバール風

イタリア在住歴がある知人によれば、「バールといっても、食事を主体とするところもあれば、軽食と飲み物のみといったところまで、店舗にしても大小あって、日本でいうところのカフェは、イタリアではバールって感じ」とのこと。

Banco(バンコ)さん

Osteria La Mascherina(オステリア ラ マスケリーナ)さんの姉妹店として、同じビル内(木屋町通から見えています)にオープンしたのが、2014年5月。

オステリアに対して、こちらはバールということで、イタリアのサンドイッチ「パニーニ」なども提供されています。

カウンターのみの立ち飲みではありますが、午後3時〜深夜3時までの営業と、まさにバール、使い勝手のいいお店ですよ。

※お料理のテイクアウトも可能

京都市中京区木屋町通三条下ル東側、光ビル1階

Italian Bar Lugol(ルゴール)さん

提供されているお料理やワインは必ずしもイタリアのものというわけではないのですが、平日・休日のランチ、エスプレッソのみでの利用も可能というあたり、

スタイルとしてイタリアンバールといったことなのかも知れませんね。

京都市中京区新町通御池上ル東側、シェモア御池新町1階

Sala Suite Caffe Rucola(サラスイートカフェルーコラ)さん

これまでも何度か紹介していますが、イタリアンレストランっぽいのにカフェで、深夜まで営業という使い勝手の良さ。

それに夜は、特に雰囲気がいいですからね。

京都市下京区室町通四条下ル西側、池坊短期大学内B1階
(四条通の地下道(京都産業会館の出入口)から地上へ出たら、赤いファザートを目印に)

TOBANCHI(イル トバンキ)さん

もう随分前に紹介したことがあったと思います。

夕方から(週末は14時〜)の営業で、エスプレッソやグラスワイン1杯だけでもどうぞってことだけど、あのメニューを見たら何か食べたくなるでしょうから、呼び水的なトークってことですね(笑)

※深夜2時まで

京都市中京区小川通三条下ル東側

trattoria MAECOさん

カフェとしてオープンからちょうど1年ほどで、新たにシェフを迎え、イタリアンレストランに業態変更してリニューアル。

これまで同様、モーニングから提供と、一部はそのままのようで、ちゃんとした食事ができるカフェになったという感じですね。

京都市中京区御池通衣棚南東角、イーグルコート烏丸御池1階

Gion S(ギヲンエッセ)さん

ガラス張りになっていることもあって、待ち合わせに便利だから、たまに利用するようになりました。

カフェっぽいのに、お料理は本格的なイタリアンだから、前菜がたくさん揃っていて、ちょい飲みで利用したり、ディナーのセットが前菜2品とパスタを選んで2,000円ほどと、お手頃なんですよ。

p>京都市白川南通縄手西入ル北側、ルイ1世ビル1階
(お隣は、看板の下に猫がいる料亭京新山さん)

cafe bar Trentanove(トレンタノーヴェ)さん

荒神口あたりには、なぜかおもしろいお店が集まっている。

そんなことから、かなりの頻度で訪れるようになった界隈に、イタリアンバールがオープンしたのが、昨秋のこと。

エスプレッソからワイン、食事まで、いろんなシーンで利用できますよ。

ここから鴨川はすぐですし、今夏の五山の送り火にはごった返すことになるはず。

京都市上京区荒神口通河原町東入ル南側
(京阪・神宮丸太町駅から10分かからないくらい、京都地方法務局の北側あたりにあります)